ガンプラ 素組みブログ

ガンプラを素組み・スミ入れのみで作ります🦄

RG 1/144 Hi-νガンダム レビュー 《本体編》

RG Hi-νガンダム です。ここから本体を組み立てます。

《武器編》はこちら。

andousensei.hatenablog.com

足首組立途中です。装甲の隙間からフレームがのぞく超絶精度です。

足首組立及びデカール貼付完了です。デカールは各部位の組立が完了するごとに貼付しています。

ひざ周りのフレーム組立途中です。シリンダーの成型色は、ゴールドというよりはメタリック・オレンジではないでしょうか。

大腿部からひざにかけてのフレームです。当方フレームにもスミ入れを施しております。

メタリック成型のIパーツ(シルバー)は、ゲート処理すると下地の黒が出てしまいます。アンダーゲートでない部分はリタッチした上で組み込むのが良いでしょう。

フレームがグレーとシルバーのパーツで構成されていて実機感を高めます。

ひざを曲げるとメタリック成型のシリンダーが露出します。

ブルーの装甲パーツは、組み立てると見えなくなる裏側にもモールドが施されています。

裾の部分に当たるシルバーのI21とI22パーツのはめ込みが指が痛くなるくらい固いです。

両脚組立完了、デカール貼付途中です。足首の軸をしっかり奥まではめ込みます。

両脚組立及びデカール貼付完了です。デカールは説明書の指示どおりに貼りました。

脚部可動テストです。マルチリンク・ギミックで、変形MSさながらに可動します。

腰部フレーム周り組立完了です。V字エンブレムもパーツ分割で色分けされています。

両脚を接続。可動点が多すぎて、ポーズを決めるのに苦労しました。

フロントスカートを接続。ホワイト、グレー及びシルバーのパーツで三層構造になっています。

下半身完成です。MG Ver.Ka と同等以上のパーツ数が1/144スケールに詰め込まれていることに改めて驚かされます。

胸部組立途中です。腹部フレームにジョイントが内臓されており、前後、上下、左右に可動します。

脇腹のIパーツ(シルバー)は、ゲート跡が見えるところに来るので、リタッチした上で組み込むのが良いでしょう。

胸部組立及びデカール貼付完了です。

身が詰まっているズッシリとした重量感があります。

 

ニッパーは二種類愛用しています。ランナーからパーツを切り取る時はタミヤの薄刃ニッパー、ゲート処理はゴッドハンドのアルティメットニッパー5.0で二度切りしています。

 

スミ入れとリタッチには、GSiクレオス リアルタッチマーカーを愛用しています。

ホワイトのパーツ:リアルタッチグレー1
グレー及びシルバーのパーツ:リアルタッチグレー2
ブルーのパーツ:リアルタッチブルー1
オレンジのパーツ:リアルタッチオレンジ1

シルバーメタリックのパーツは、GSiクレオス ガンダムマーカーのガンダムシルバーでリタッチしています。

 

デカール貼付枚数:73枚

リアリスティックデカールは粘着力が強いので、デカールの端をピンセットでつまんで水にくぐらせます。こうすることで粘着力を一時的に弱めることができます。貼付する位置決めができたら綿棒で水分を拭き取ります。
ただし、箔付きデカールはデザインナイフの刃先に乗せ、水にくぐらせずに位置決めして貼付します。

 

当方の製作法は、月刊ホビージャパン 2017年9月号「今さら聞けないガンプラ製作法講座」に倣っています。