ガンプラ 素組みブログ

ガンプラを素組み・スミ入れのみで作ります🦄

ミレニアム・ファルコン 完成レビュー

f:id:andousensei:20191124065618j:plain
ガンプラではありませんが…
バンダイ 1/144ミレニアム・ファルコン(フォースの覚醒)です。
f:id:andousensei:20191124070936j:plain
エンジンを別売りのLEDユニット(2灯式)で発光させています。
f:id:andousensei:20191124085207j:plain
お好みで水転写デカールとシールのいずれか選択できます。
f:id:andousensei:20191124085701j:plain
水転写デカールは、柔軟性があり、パーツへの追従性も良好ですが、デカール軟化剤とデカール接着剤があれば、より満足のいく仕上がりになります。
f:id:andousensei:20191124090601j:plain
後部排気口のフタ?のみシールを選択しました。シールをつまようじでこすってパーツの凹凸に密着させています。
f:id:andousensei:20191124151718j:plain
リアルタッチマーカーでスミ入れするだけで、パーツ表面のディテールが浮かび上がってきます。
f:id:andousensei:20191124154006j:plain
スミ入れには、リアルタッチグレー1とリアルタッチグレー2を使用しています。
f:id:andousensei:20191124154723j:plain
汚しは、リアルタッチマーカーをぼかしペンでにじませて表現しました。
見えにくいですが、レイとフィンのパイロット・フィギュアもリアルタッチマーカーで塗り分けています。
f:id:andousensei:20191124181810j:plain
オイルの汚れはリアルタッチグレー2、砂漠の砂による汚れはリアルタッチイエロー1をぼかしてみました。
f:id:andousensei:20191124182339j:plain
ファルコン号の船体色は濃いグレーのイメージだったのですが、「エピソードⅣ 特別編」を見直すと、白に近いグレーでした。まさしくキットの成型色そのままでした。
f:id:andousensei:20191124184619j:plain
船体側面等のゴチャメカは、意外にも少ないパーツで忠実に再現されています。
f:id:andousensei:20191124205032j:plain
船体中心部は、上下1パーツずつで構成されています。箱を開けると、巨大な丸いパーツが2枚入っていました。
f:id:andousensei:20191124210900j:plain
機首(くちばし)サイドのパイピングですが、極めて細い軟質素材のパーツで構成されています。
f:id:andousensei:20191124212256j:plain
コックピットのキャノピーは、窓枠だけのパーツとクリアパーツのいずれか選択式です。当方、窓枠だけのパーツを選択しました。
f:id:andousensei:20191124221306j:plain
後部排気口のフタは着脱式で、内部メカも再現されています。
f:id:andousensei:20191124221410j:plain
最小限のパーツでディテール再現されていながら、接着剤不要のスナップフィットとは、驚異的なキットです。
f:id:andousensei:20191124221451j:plain
機首サイドのディテールが左右非対称の「最後のジェダイ」版とアンテナが丸型に戻った「スカイウォーカーの夜明け」版が発売されています。
f:id:andousensei:20191124221532j:plain
子どものころに「エピソードⅣ」を見て、すごく欲しかったミレニアム・ファルコン号のプラモデルが定価5,400円で手に入るなんて、夢のようです。1/144スケールでは、まさしく決定版といえるでしょう。